矯正歯科を大阪でお探しなら天王寺矯正歯科クリニックへご相談ください

矯正装置・治療費 Orthotic & Treatment fee

天王寺矯正歯科クリニック治療費3つのメリット

Merit.1 安心のパッケージ料金

治療費は、調整費・装置代・技術日・リテーナーなど治療終了までの全費用が含まれています。
※患者様の不注意による破損などの場合は費用をご負担頂くことがあります。

Merit.2 金利無料の分割払い

分割24回まで、金利なしで分割払いがご利用頂けます。お支払いの回数や月々のお支払い金額などはご相談の上決定しますので、無理のないプランをお選びいただけます。

Merit.3 一括払でお得な割引

一括払いの患者様には、治療費用の3%を割引させて頂いています。

下記のクレジットカードのご利用も可能です。

矯正装置の種類と治療費用

メタル(レギュラー)

メタル(レギュラー)

上下顎:\750,000~(税別)

メタルブラケットは、他の矯正装置より目立ちやすい難点はありますが、治療費も安く、金属の特性により薄くて丈夫な矯正装置です。

クリアー

クリアー

上下顎:\800,000~(税別)
上顎のみ:\500,000~(税別)

歯と同色のクリアータイプのブラケットですので目立ちにくく最も人気の高い装置です。 価格もリーズナブルに設定しております。

ホワイトワイヤー

ホワイトワイヤー

上下顎:\900,000~(税別)
上顎のみ:\550,000~(税別)

クリアーのブラケットに通常は金属ワイヤーを装着いたしますが、ホワイトでコーティングされたワイヤーを装着するため、より目立たなくなります。

コンビネーション

コンビネーション

上下顎:\1,000,000~(税別)

上の歯が裏側からの装置(リンガル)、下の歯は目立たないクリアーを使用するコンビネーションです。装置が目立つことはほとんどありません。

リンガル

リンガル

上下顎:\1,300,000~(税別)
上顎のみ:\700,000~(税別)

他の矯正装置より価格は高くなってしまいますが、表からは装置が見えないため、矯正しているようには見えません。接客業や芸能関係の方に人気の装置です。

デーモンシステム

デーモンシステム

上下顎:\800,000~(税別)

四角のスロットにワイヤーを通すだけなので動きに自由度があり、ブラケットとワイヤーを縛り付ける(結紮する)従来の方法より優しい力で、より早い結果が得られます。

カラーモジュール

カラーモジュール

オプション料金:無料

ブラケットにつけるゴムをカラーにすることができます。
同じ料金内で、調整の度にお好きな色に変えられます。

QCMリテーナー

QCMリテーナー

片顎:\20,000~(税別)
※紛失した場合は\40,000(税別)

プラスティック製で透明なので、ワイヤーのリテーナーに比べて、目立ちません。金属アレルギーの心配もありません。

お子様の矯正装置

小児矯正(上下顎):\400,000~(消費税別)

乳歯と永久歯が混在している、主に小学生の間に使用する装置は、上記の装置とは異なります。取り外せるもの、就寝時だけ使用するもの等、お子様の症状により装置も色々な種類があります。 永久歯に生え変わるまでに治療した方が、症状を軽くしたり、抜歯や手術になる可能性が低くなる場合が多くありますので、生えて来た永久歯にご不安な点がありましたら、出来るだけ早めにご来院ください。また、永久歯にうまく生え変わらせるための誘導的な治療も行えますので、生え変わりの時期には一度受診なさることをお勧めいたします。

医療費控除について

矯正治療には保険が適用できませんが、医療費控除の対象になります。領収書はきちんと保管しておきましょう。
インプラント治療などで高額な費用がかかった際に少しでも治療費の負担を軽減できる制度、それが「医療費控除」です。
医療費控除とは、本人または生計をともにするご家族が支払った医療費が1年間(1月1日~12月31日)で10万円(その年の所得金額の合計が200万未満の人はその5%)を超えた場合に、所得控除が受けられる制度です。なお、医療機関に通うために公共の交通機関を利用した場合の交通費は控除の対象になりますが、マイカーを利用した場合のガソリン代や駐車場代は対象外です。

【医療費控除の対象】

  • 一般的に使用されている歯科素材を用いた歯科治療
  • 発育段階にある子供の成長を阻害しないために行う不正咬合の歯列矯正
    ※審美性向上のための歯列矯正は対象外
  • 通院の際の付添人の交通費

【手続きのご案内】

医療費控除を受けるには確定申告をする必要があります。毎年2月16日から3月15日までの間に確定申告において還付の手続きをしてください。確定申告時には下記の書類などを税務署に提出します。なお、申告は過去5年間までさかのぼることができます。

  • 医療費控除に関する事項を記した確定申告書
  • 医療費・交通費支出の証明書類(領収書や利用した交通機関のメモなど)
  • 還付金を受け取る口座番号(本人名義)
  • 印鑑
  • 源泉徴収票の原本(給与所得がある場合)

【医療費控除の計算式】

医療費控除の対象となる金額=医療費の合計額-保険金などで歩補填される金額-10万円

※1 医療費控除額の上限は200万円です。
※2 審美歯科治療など控除対象外のものもございます。事前にご確認ください。
※3 生命保険などで支給される入院給付金、健康保険などで支給される医療費・家族療養費、出産育児一時金など。
※4 その年の所得金額の合計額が200万未満の人はその5%の金額。

受付

TEL:06-6624-0270

 

完全予約制

 
午前
午後

午前診療受付 10:30〜13:00
午後診療受付 15:00〜19:30

△ 第4日曜日のみ
午前診療受付 10:30〜13:00
午後診療受付 14:15〜18:00

ー お休み